レースを楽しむ

2020-21幕張クロス MMA〜リズムって大事

投稿日:

どうも中年シクロクロッサーのアキヤマです。

 

2020-21シーズン4戦目はJCX幕張クロスです。

 

昨年は私がCM2にサイレント昇格を果たしたちょっとだけ思い入れのある幕張クロス。先週(2020/10/25)の茨城CX取手ステージと同じJCXの大会です。

 

昨年まで2dayで且つ幕張メッセでサイクルモードを行っていましたが今年はコロナの影響で日程の変更やサイクルモード中止などなど色々なことが変わりました。

 

そんな中で大会を開催していただいた開催者・関わるスタッフの方々にまずは御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。

 

今シーズン過去3戦でもコロナ対策は行われていましたが今回の幕張はより厳しく会場入場管理をされていました。

 

でも我々もそれを当然のことと受け止め従っている、日本人の規律ある行動なのかスポーツマンシップなのかわかりませんが、まさにwithコロナって感じでしたね!

スポンサードリンク

レース前の戦い?に勝利

さて色々変わったと言いましたが、まず最初に行われたのはレース前に繰り広げられたG駐車場争奪戦!

 

私は元々幕張メッセ駐車場に止めるつもりでいたので争奪戦には参加するつもりは全くありませんでした。ただ試走が8:10からなので7時には到着しておこうと予定通り行動したのですが、私がHPの案内を見間違えたのか勘違いしたのかメッセ駐車場は8時開門でまだ閉鎖中〜!

 

開門待ちついでにダメ元でG駐車場の列に並んだら運良くギリギリ入場できました。私が入場して数台で満車になっていました!(汗)

次回はどうなりますかね?

 

で、まずは試走です。

 

幕張クロスは参加人数も多いですし渋滞ポイントがいくつもあるので中々思うように試走できません。それは過去参戦してわかっていたので、とりあえずコースチェックをしながらレースシミュレーションしていきます。

 

「ここは乗車でクリアできるな」
「ここは前に人がいなかったら乗車チャレンジ」
「ここは降りて担ごう」等等。

本番になると上手く行かない事の方が多いですが、それもシクロクロスレースの面白いところですよね!

 

しかも今回の幕張クロスは1日に凝縮したため毎レースほぼ混走でした。C3とMMB同時出走なんかもうグシャグシャって感じでしたね。

スポンサードリンク

全集中できていなく、呼吸も乱れた?

とにかくスタート時のクリートキャッチに全集中して、これまではまずまずのスタートを決めていた私ですが、今回はペダルを踏み外しクリートキャッチ失敗で完全に出遅れました。

 

シクロクロスレースのスタートは僅か数秒の手間取りが命取りだということを痛感しました。

 

でもね、今回実は・・・
(言い訳ではありませんよ)

 

スタートの姿勢を変えてみたのです。
いわゆるONサドル(サドルに座った状態で構える)

 

以前M1選手やC1選手に教えてもらったONサドルとは
クリートをはめているペダルに体重をかけブレーキをかけておく→スタート合図の瞬間にブレーキを開放する→同時に体重をかけていたペダルが踏み込まれる。サドルに座った状態で無駄な動作がなく素早くスタートできるという方法。

 

私も練習会でスタート練習しましたがイマイチしっくりこない。ブレーキをかけていることで変に力が入ってしまって逆に出遅れる感じだったので採用していませんでした。

 

当然何度も反復練習すれば上達するのでしょうけど・・・私もそこまでストイックではありません。世界トップ選手でもOFFサドルでスタートがめっちゃ速い人は沢山います!(ってM1選手が言っていました・・・)

 

なので普段私はOFFサドルでスタートしています。が今回は(魔が差した?のか)1列目でもないし、ちょっと本番で試してみるか。でもブレーキはかけないでみようとか自己流でやってみました。

 

で、ものの見事に失敗したわけで、まあスタート姿勢を変えたことが原因でペダル踏み外したかはわかりませんが自分としては「レースは最良の練習場」とも思っているのでこれはこれでOKなのです。


よく「練習や試走で出来ないことはレースでは絶対できない」と言います。もちろんその通りなのですが「レースで試すことが上達する一番の近道」とも私は思っています。(大怪我するようなことは除きますが。)

スポンサードリンク

リズムって大事だよね!

スタートの遅れを取り返すべくオーバーペースで前を追い駆けます。

心の中では「冷静に!冷静に!」と自分に言い聞かせているのですが随所で細かなミスを連発。そして今回はことごとくクリートがスムーズにハマらない〜
スタートのクリートキャッチ失敗が尾を引いているのか?焦るるからクリートが上手くハマらないのか、クリートが上手くハマらないから焦るのか?

 

とにかく中盤までリズムが良くありませんでした。(自滅とも言います・・・泣)

リズムと言えば、今回皆さん感じませんでした?

自分の思った(決めた)通りにリズム良く走れませんんでした?

 

もちろん難しいセクションはありましたが、自分でイケるっと思ったのにイケなかったり思ってもみないところで転倒する事とかまずありませんでしたよね?

 

砂埃上がるほど完全ドライのコンディションだったからかもしれませんが

自分も3周途中から4周回目あたりはかなりリズム良く、苦しいけど気持ちよく走れてたと思います。最終周は脚つっていたので後ろの選手に追いつかれないことで精一杯でしたが(笑)

毎周回ごとにリズムを崩されることのほうが多いシクロクロスレース。それが醍醐味で楽しさの一つではありますが、またいつもと違った幕張クロスを体験できたのかもしれませんね!

 

ってか前のレースが4周回だったので自分のレースも4周回と思っていましたがまさかの5周回!あっ、ありがとうトップの選手・・・5周も走らせてくれて(嬉涙)

スポンサードリンク

今回も収穫はありましたよ!多分

今回の幕張クロスは上下の動きのあるコースで得意かどうかは別として私は好きなコースです。なのでどうしても坂の上り下りやキャンバーの処理をどうするか、という事に集中してしまい今までは芝ゾーンでタレる、というか一息ついてしまっていました。

 

が、今回スタートで出遅れ追い上げようと気張ったからか芝ゾーンでもそれ程タレませんでした。(多分)
平坦基調の(実は上りも多い)芝ゾーンで何人かを追い抜いていけたので「あれ?脚力ついてきてる?」って走りながら思った次第です。

ちなみに結果は42出走中

 

19位でフィニッシュ

 

今回もラップされずにホッとしました。

 

格上の選手も多いので一応10番代を目標にしていたのでなんとかギリギリ目標クリアです。本当は10番代前半とかシングルとか言いたいところですがこれが今の私の実力です。

 

だからこそ、まだまだ上を目指せるってことですかね。

さて今回も多くの方が沢山の写真を撮ってくれました。しかも格好いい写真ばかり!!
齊藤さん、堀さん、井上さん、小野さん、Sei Ruote è Fotografieさん、皆様ありがとうございました。

 

追伸
駐車場に入る寸前、目の前に総北ジャージ!
あれっ!渡辺先生?自走ですか?

 

ではでは
Goodなシクロクロスライフを!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-レースを楽しむ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2016-2017茨城シクロクロス開幕初参戦

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。 自転車歴ゼロ40代半ばの中年おやじがシクロクロスレース初参戦! 関連記事↓ いきなりレース参戦は無謀な挑戦か? 知らない!、わからない!、用意できてない! …

2017-18シクロクロス千葉第2戦〜ライドにこだわる

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。   シクロクロス東京の砂浜では自分自身に 満足のいくレースができなかったので 今回の千葉第2戦にエントリーした訳で   砂浜のリベンジ …

シーズン直前・レース前の準備はできていますか?

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。   大会とか順位がつく催しの直前になるといくつになってもやっぱりドキドキしますし、 不安になりますよね。   40代中年レーサーは順位 …

2021-22前橋CX〜シクロクロスバイクが欲すぃ〜

どうも中年シクロクロッサーのアキヤマです。   2021-22シーズン前橋シクロクロスのレースレポートです。   実はこのブログにレポートアップしていないのですが 2019-20前 …

湘南シクロクロス第1戦に参戦〜地獄へ続く階段

中井中央公園で行われた湘南シクロクロス第1戦。 金太郎で有名な足柄で天気も良くロケーションは抜群です。 今回もボトルを装着して給水できる準備を整えています。 関連記事↓ 初心者がレース中に水分補給を必 …

スポンサードリンク





初心者の中年シクロクロッサーなら必見!


ロードもMTBも、ましてやレースの経験すらしていなかった
中年おやじの私がシクロクロスをはじめて感じたことを
心得5箇条として
まとめてみました。

無料レポートの内容をご覧になりたい方は
こちら↓

詳しく見る