トレーニングを楽しむ

物見山って、どんなところ?

投稿日:

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。

 

サイクルショップで「物見山までサイクリング(ヒルクライム)」という
11月23日に行う予定だった企画が雨のため中止。泣

サイクルショップ企画なのでそれほどヘビーではないと思った私は
行く気満々だったのですが中止では仕方ありません。

しかしながら「物見山」がどんなところか気になって
「行ってみたい」衝動を抑えられません。
直近で行けるチャンスは11月26日の午後だけ!

ところで

私は今のところシクロクロスレースをより楽しむため
トレーニングしている(走っている)ので
ただ単に走ることを楽しむのではなく
走る際は何かしらの課題を設けています。

もちろんあまりストイックになり過ぎないようには
心掛けていますが。笑

スポンサードリンク

で、

11月26日の課題は次の通り

1.物見山を目指す

2.2時間30分経過した時点で折り返す
 (どんなに目的地間近でも!)


初めて行く場所ですし休憩も必要です。
体調の良し悪し、風向き、風の強さなど様々な条件がありますが
実際、自宅から物見山まで約50kmで
私の脚力では距離的にも2時間半以内に到着できるか微妙です。

しかし自分で課した課題とはいえ物見山直前で
タイムオーバーは避けたいところです。

 

スポンサードリンク

初の物見山は行っただけ?

結果は2時間20分で物見山入口に到着

課題は「2時間30分経過した時点で折り返す」
でしたので10分弱休憩して帰宅の途へ

物見山周回コースも走らず、そもそも物見山公園が
どんな公園なのかも見ないまま後ろ髪を引かれつつも帰宅。

県道212から緩やかな大東坂を上り入口にたどり着いただけなので
ヒルクライム感はほぼゼロ。

まさにタッチアンドゴーってな感じで
今回は物見山ってどんなところかわからない状態でした。

 

スポンサードリンク

おっさんでも成長してるぞ!

まだまだ経験の浅い私は走った距離や時間が絶対的に少なく
一日に100km前後走る経験もまだ数えられる程しかありません。
そしていつも最後はヘロヘロになっていました。

それでも1年経験すればペダリングや
ライディングポジション(姿勢)もなんとなく様になってきて
さらに自転車筋もついてきていると思うので
それなりに走れるようになってきています。

今回も80km過ぎで一度はかなりパワーダウンしたのですが
休憩してパワーを盛り返せました。

走行距離とその経過時間を見ると
結果的に後半もほぼペースダウンせずに走れたことになり
今回はそれが非常に良かった点です。

走行距離104km
時 間 5時間(休憩含む)

走れる人からするとなんてことない走りかもしれませんが

「なかなか頑張っているな俺」と自画自賛!笑

45歳のおっさんも頑張って楽しんでいます!

ですが
次は時間的な余裕をもって
違う楽しみ方をしていきたいと思います。

 

ではでは
Goodなシクロクロスライフを!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-トレーニングを楽しむ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小手先の技術練習はムダ!

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。 全くの未経験者の私が 茨城シクロクロス第1戦城里町旧七会中学校ステージに 初参戦して感じたことをレポートしていきます。   経験ゼロの素人がレー …

CXレースで良い結果を出すための身体づくり

そもそも シクロクロスをやろうと考える人はすでに健康体でしょう。 でなければ、(言い方は悪いですが・・・) こんなスポーツをやろうとは思いません。 あなた独自の健康維持方法を持っているはずです。 なの …

バイクに乗らないで自転車筋をつける方法

レースに出たいけど不安しかないあなた。 いざレースに出てみたはいいがあまりにも苦しくて 次のレースに出ようか躊躇しているあなた。   実は両方とも私が感じたことなのですが・・・   …

心肺機能を高めるのにCXバイクはいらない!

どうも、中年シクロクロッサーのアキヤマです。 私がシクロクロス(レース)を始めて一番感じたことは 「こんなに心肺が苦しくなるのか!」ということです。 大人になってから運動をしてここまで心肺が苦しくなる …

シクロvsヒルクライム~変態度No.1決定戦

私はかねてからシクロクロスをやる人は変態だと思っていたのですけど、 シクロクロスのレースを経験してやっぱり変態だと確信しました。 みんなきつくて苦しいのに楽しそうに走ってますからね~(自分もその一人で …

スポンサードリンク





初心者の中年シクロクロッサーなら必見!


ロードもMTBも、ましてやレースの経験すらしていなかった
中年おやじの私がシクロクロスをはじめて感じたことを
心得5箇条として
まとめてみました。

無料レポートの内容をご覧になりたい方は
こちら↓

詳しく見る